特集

プロ野球ドラフト会議2021

プロ野球ドラフト会議が2021年10月11日に行われます。

特集一覧

阪神ドラ1の森木大智 球を受けた記者が驚いた「15歳の志」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神からドラフト1位で指名され、仲間らと記念撮影に臨む高知の森木大智投手(中央)=高知市の高知学園大で2021年10月11日午後5時50分、小宅洋介撮影
阪神からドラフト1位で指名され、仲間らと記念撮影に臨む高知の森木大智投手(中央)=高知市の高知学園大で2021年10月11日午後5時50分、小宅洋介撮影

 阪神からドラフト1位指名を受けた高知高の最速154キロ右腕・森木大智投手(18)。アマチュア野球担当記者だった私は3年前、軟式球で150キロをマークした高知中3年の森木の球をブルペンで受けさせてもらった。球筋もすごかったが、15歳のもう一つの志にも驚かされた記憶がある。

 2018年11月下旬。高知市内にある高知中のブルペンで森木の球を受けた。かなり手を抜いて投げてもらったにもかかわらず、キャッチャーミット越しに、たたかれたような痛みが走り、手のひらの温度がぐっと上がった。高めの球にはミットを突き破りそうな伸びがあり、何球かは捕球できなかった。小学生の頃から球を受けている吉岡七斗捕手に「(球威で)ミットが壊れたことがある」と明かされると、森木はうなずきながら「先輩を含め、(壊れたのが)4人いますね」といたずらっぽく…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文907文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集