クラーク記念国際、初優勝導いた2枚看板リレー 高校野球北海道大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【クラーク記念国際-旭川実】優勝しマウンドに集まって喜ぶクラーク記念国際の選手たち=札幌円山球場で2021年10月12日、貝塚太一撮影
【クラーク記念国際-旭川実】優勝しマウンドに集まって喜ぶクラーク記念国際の選手たち=札幌円山球場で2021年10月12日、貝塚太一撮影

 高校野球の秋季地区大会は12日、北海道で決勝があり、クラーク記念国際が旭川実を3―1で破って初優勝を果たした。クラーク記念国際は一回に先制し、六、七回に加点。右腕・辻田旭輝(2年)と左腕・山中麟翔(りんと、2年)のリレーで逃げ切った。地区大会の成績は、第94回選抜高校野球大会(2022年3月18日開幕、甲子園)の出場校選考の資料になる。

 初優勝の余韻に浸りながら、クラーク記念国際の佐々木啓司監督はしみじみと言った。「ずっと厳しい試合が続いていたので、ほっとしてます。投手2人がよく頑張った」。今大会5試合をすべて2失点以下に抑える原動力となった辻田と山中への賛辞だった。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文803文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集