中日、立浪和義氏に来季の監督打診 与田監督から辞任申し出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中日のロゴ
中日のロゴ

 プロ野球・中日の加藤宏幸球団代表は12日、来季の新監督として球団OBで「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた立浪和義氏(52)に就任を打診したと明らかにした。加藤代表は「今朝(12日)本人に打診した。ドラゴンズに恩返しをしたいという思いは強いということで、前向きな返答をもらった」と話した。シーズン終了後に正式に要請する。

 今季で3年契約が満了する与田剛監督(55)からは成績不振を理由に今季限りでの辞任の申し出があったという。与田監督は投手陣の立て直しを図り、昨季は8年ぶりのAクラスとなる3位に押し上げたが、課題の打力を向上させることができず、今季は11日時点で5位と低迷。優勝の可能性も消滅している。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文565文字)

あわせて読みたい

注目の特集