オリックス・宗が涙の同点2ラン 13日に勝利でマジック点灯

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ロッテ】八回裏オリックス2死一塁、右越えに同点2ランを放った宗=京セラドームで
【オリックス-ロッテ】八回裏オリックス2死一塁、右越えに同点2ランを放った宗=京セラドームで

△オリックス2―2ロッテ△(12日・京セラ)

 オリックスの2番・宗はベンチでしばらく立ち上がれなかった。0―2の八回2死から起死回生の2ランを放ち、ホームインした直後だ。目元をタオルでぬぐっても、熱いものが次々とこみ上げてくる。「悔しかったんで。やっぱり」。ミスを取り返す一振りに、感極まった。

 陽気なムードメーカーから笑顔が消えていた。一回と三回、ともに走者を一塁に置いた場面で内野ゴロ併殺打に倒れた。優勝の行方を左右する一戦に重圧を感じていた。チームは四回にロッテ・レアードの先制ソロを浴びただけに、「僕のゲッツ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集