特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル経済学賞、米の壁 日本人の受賞ゼロ 英語圏が研究の主戦場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノーベル賞授賞式の晩さん会の会場=ストックホルムの市庁舎で2012年12月10日夜(代表撮影)
ノーベル賞授賞式の晩さん会の会場=ストックホルムの市庁舎で2012年12月10日夜(代表撮影)

 2021年のノーベル経済学賞に、米カリフォルニア大バークリー校のデービッド・カード教授ら米大学の3人が選ばれた。ノーベル賞6部門のうち、唯一、経済学賞だけ日本人の受賞がない状況が続いている。原因を探ると、米国偏重ともいえる経済学の実態が見えてきた。

 「日本人の経済学賞受賞は、ほかの賞と比べても難しい」

 こう指摘するのは、一橋大経済学研究科の堀雅博教授だ。内閣府の経済社会総合研究所での勤務経験が長く、経済学賞の歴代受賞者の功績に詳しい、日本有数の「ノーベル賞ウオッチャー」の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り1930文字(全文2173文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集