特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抗体カクテル療法「1回31万円で50万回分調達」 菅前首相が発言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉前首相 拡大
菅義偉前首相

 菅義偉前首相は12日夜のインターネット番組で、新型コロナウイルスの軽症・中等症患者向けの「抗体カクテル療法」と呼ばれる点滴薬「ロナプリーブ」について、中外製薬から1回31万円で50万回分調達していたことを明らかにした。厚生労働省によると、中外製薬との契約では、購入価格や数量は明らかにしない秘密保持の条項が含まれているという。

 菅氏は同番組で、ワクチン接種の進展と軽症者向け治療薬の実用化を、首相在任中の成果として強調。7月に薬事承認したロナプリーブについて「実は1回31万円なんですよ。非常に高価だがよく効く」と述べるとともに、当初は20万回分の調達を予定していたが「買えるだけ買え」と指示し、計50万回分に増やした経緯を語った。発言に基づけば、ロナプリーブの調達費は単純計算で1550億円となる。

 ロナプリーブは、人の体の免疫機能の仕組みを利用した「抗体医薬」と呼ばれる医薬品で、重症化リスクのある軽症・中等症患者に1回投与する。抗体医薬は大量生産が難しく、がんや希少疾病向けでは薬価が数十万~数百万円に上るものが多い。

 厚労省幹部は菅氏の発言について「秘密保持の対象で、価格、量ともにノーコメント」としている。【東久保逸夫、横田愛】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集