特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

共産党、22選挙区で候補取り下げ 野党一本化目的に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本共産党中央委員会が入るビル=東京都渋谷区で、曽根田和久撮影
日本共産党中央委員会が入るビル=東京都渋谷区で、曽根田和久撮影

 共産党は13日、次期衆院選(19日公示、31日投開票)で小選挙区に擁立した126人の公認候補予定者のうち、野党一本化を目的に22人を取り下げる方針を発表した。新たに千葉6区など2人を追加し、計106選挙区で候補を擁立する。選挙区で106人は、1996年に現在の選挙制度となって以降最少となる。

 共産の小池晃書記局長は13日の記者会見で、「野党共闘で政治を変える選挙にしなければならない。選挙活動に一定の制約はあるが、政権交代への本気度を示すことが支持にもつながる」と意義を強調した。22選挙区はいずれも立憲と競合していたが、与党側と接戦が見込まれるため、候…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文698文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集