ホンダ、中国でガソリン車を新規投入せず 30年以降方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホンダが2022年春に中国で発売する電気自動車「e:NS1」=同社提供 拡大
ホンダが2022年春に中国で発売する電気自動車「e:NS1」=同社提供

 ホンダは13日、中国で2030年以降に発売する車種を電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などに絞り、従来のガソリン車は新規投入しないと明らかにした。22年春にはホンダブランドのスポーツタイプ多目的車(SUV)のEVを初めて中国に投入し、引き続き中国市場に注力する姿勢を鮮明にする。

 中国で合弁を組む地場自動車大手2社とEV生産工場をそれぞれ新設することも発表。24年の稼働開始を目指す。中国で生産したEVは、日本を含めて輸出を検討している。

ホンダが2022年春に中国で発売する電気自動車「e:NP1」=同社提供 拡大
ホンダが2022年春に中国で発売する電気自動車「e:NP1」=同社提供

 22年春に発売するEV2車種は「e:N」(イーエヌ)シリーズの第1弾で、まず中国に今後5年で計10車種を投入する。将来的には中国主要都市で専売店も展開する。また、独自開発した安全運転支援システムを搭載した車種も22年から世界で初めて中国で発売し、30年までに先進国向けの全モデルに広げる方針だ。

 ホンダの地域別販売台数は20年、中国が北米を抜いて世界最多となった。オンラインで記者会見した井上勝史・中国本部長は「中国は今後も(EVなど)新エネルギー車の市場拡大が期待できる。イーエヌシリーズを中心に販売を伸ばしていきたい」と述べた。【北京・小倉祥徳】

あわせて読みたい

注目の特集