特集

「9.11」後の20年 米同時多発テロ20年

米同時多発テロから20年。特集記事や写真・動画で振り返ります。

特集一覧

「9・11後の20年」 あの日から

米国とイラン対立の最前線のイラク 軍事・政治面で変化の兆し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官(左)らを追悼する大看板。一行の殺害現場に掲げられ、「米国のテロ犯罪の現場」とある=バグダッド郊外で2021年10月8日午前、真野森作撮影
イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官(左)らを追悼する大看板。一行の殺害現場に掲げられ、「米国のテロ犯罪の現場」とある=バグダッド郊外で2021年10月8日午前、真野森作撮影

 2001年9月の米同時多発テロをきっかけに、アフガニスタンと並んで米国が「テロとの戦い」を展開したもう一つの国がイラクだ。米軍主導の有志連合は03年に当時のフセイン独裁政権を打倒。その後、イラクでは隣国イランが影響力を拡大したが、変化の兆しも表れている。対立する米イラン両国の狭間(はざま)で揺れるイラクで今、何が起きているのか。【バグダッド真野森作、ワシントン鈴木一生】

フセイン政権の崩壊後、混迷と戦火の道

 「フセイン時代は全てにおいて暗黒だった。米国による政権打倒は良かったが、その後、米国はイラクに混乱を生み出した」

 イラク政府傘下のイスラム教シーア派民兵組織・人民動員部隊(PMU)の地方旅団司令官、アドナン・アルシマーニ氏(53)はバグダッドの事務所でこう強調した。博士号を持ち、シンクタンクも主宰する学究肌で知られる人物だ。

 確かに戦後のイラクは平和を享受できず、混迷と戦火の道をたどってきた。

 イスラム教スンニ派主体だったフセイン政権の崩壊後、イラクでは国民の6割を占めるシーア派勢力が台頭。06年には両派の対立が激化し、一時内戦状態に陥った。さらに11年にいったん米軍が撤退した後、スンニ派系の過激派組織「イスラム国」(IS)が伸長する。ISは14年にはイラクとシリア両国にまたがる広大な領域を暴力で支…

この記事は有料記事です。

残り2235文字(全文2795文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集