森友改ざんの関連資料は不開示、財務省が決定 赤木さん妻が請求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書改ざんを苦に自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(50)が開示請求した改ざんの関連資料について、同省が不開示とする決定を出したことが判明した。雅子さんの代理人弁護士が13日に明らかにした。決定は11日付。雅子さん側は不服を申し立てる方針。

 財務省は2018年6月に公表した調査報告書で、佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(当時)が改ざんの方向性を決定付け、財務局と組織ぐるみで改ざんを進めたと結論付けた。赤木さんが改ざんの経緯を記した「赤木ファイル」では、本省と財務局間の一部のメールがとじられていた。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文667文字)

あわせて読みたい

ニュース特集