中日一筋・山井大介が現役最後のマウンド 空振り三振締めに涙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【中日-ヤクルト】現役最後の試合に先発する中日・山井=バンテリンドームナゴヤで2021年10月13日、兵藤公治撮影
【中日-ヤクルト】現役最後の試合に先発する中日・山井=バンテリンドームナゴヤで2021年10月13日、兵藤公治撮影

 今季限りで引退する中日の山井大介投手(43)が13日、バンテリンドームナゴヤでのヤクルト戦で現役最後の登板に臨んだ。一回に先発のマウンドに上がり、塩見をスライダーで空振り三振。「いろんな思いがこみ上げてきた。自分らしい投球が見せられたと思う」と涙ぐみながら降板した。

 現役最年長投手の山井は、2007年の日…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文306文字)

あわせて読みたい

注目の特集