ロッテ・井口監督「今回は出す」 リプレー検証巡り意見書提出の意向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉ロッテの球団ロゴ 拡大
千葉ロッテの球団ロゴ

 プロ野球・ロッテの井口資仁監督(46)が13日のオリックス戦(京セラドーム)後、リプレー検証に関して、日本野球機構(NPB)に意見書を提出する意向を示した。10日の日本ハム戦でも意見書提出の意向を示しており、「前回は出すのをやめようと思ったが、合わせて出そうと思います」と発言した。

 オリックス戦では、6点リードの六回1死一塁から中村奨が試みた盗塁がアウトと判定され、リプレー検証を要求したが、判定は覆らなかった。場内で流れた映像ではセーフにも見え、観客席からはどよめきも起きた。

 「きょうのも納得いかない。タッチしているところを見ても、どうやってもセーフの場所。大きなビジョンで見ているお客さんも(セーフと)確信しているところであの判定。本当にどの映像を見ているんですか、携帯電話のような画面で見ているんですか、と聞きたくなる」と話した。【大島祥平】

あわせて読みたい

注目の特集