2021衆院選

きょう衆院解散 青空集会、事務所閑散 コロナで一変、各陣営手探り 事実上の選挙戦スタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公園で開かれた「青空集会」で立候補予定者の演説に耳を傾ける市民ら=福岡市で2021年10月10日午後4時49分、土田暁彦撮影
公園で開かれた「青空集会」で立候補予定者の演説に耳を傾ける市民ら=福岡市で2021年10月10日午後4時49分、土田暁彦撮影

 14日の衆院解散から31日の投開票まで戦後最短の17日間。異例の短期決戦となる選挙戦が事実上始まり、立候補予定者たちは有権者への浸透を急ぐが、今回の選挙は新型コロナウイルスの感染対策が大きな制約になる。「3密」や人との接触を避けながら、いかに政策や人柄を売り込むか。各陣営は難題に直面している。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1194文字)

あわせて読みたい

ニュース特集