連載

東京舞台さんぽ

毎日新聞デジタルの「東京舞台さんぽ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

東京舞台さんぽ

日本橋 12の橋が事件解決の鍵に /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本橋のそばにある船着き場を発着する観光船=東京都中央区で、共同
日本橋のそばにある船着き場を発着する観光船=東京都中央区で、共同

 作家の東野圭吾さんが吉川英治文学賞を受賞した推理小説「祈りの幕が下りる時」は、日本橋周辺にある橋が事件解決の鍵となる。主人公の刑事、加賀恭一郎の姿を思い浮かべながら訪ね歩いた。

 東京メトロ銀座線・三越前駅を出て、日本橋川に架かる常盤橋へ。1926(大正15)年に完成したコンクリートアーチ橋だ。同小説には常盤橋を含め12の橋の名が、殺人事件の現場となった部屋に残されていたカレンダーに書かれていた。

 映画版は、ここで加賀(阿部寛さん)が、警視庁捜査1課に勤めるいとこの松宮(溝端淳平さん)に、カレンダーの文字の筆跡鑑定を依頼する。加賀の「一世一代の頼み」という場面で、阿部さんの迫真の演技がよみがえった。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文866文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集