新型コロナ 旅行割引、両県民対象に 富山・石川、両知事が方針確認 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新田八朗富山県知事(中央)に空港ターミナル内を案内する谷本正憲石川県知事(右)=石川県輪島市ののと里山空港で、阿部弘賢撮影
新田八朗富山県知事(中央)に空港ターミナル内を案内する谷本正憲石川県知事(右)=石川県輪島市ののと里山空港で、阿部弘賢撮影

 石川県の谷本正憲知事と富山県の新田八朗知事の懇談会が11日、石川県輪島市ののと里山空港で開かれた。新型コロナウイルス対策で両県でそれぞれ実施している県民向け「旅行割引」について、隣県を含む制度に変更した場合は、速やかに両県民に対象を広げ、連携して観光需要を喚起していくことを確認した。また福井県を含む3県知事による懇談会の設置を検討することでも合意した。

 新型コロナの感染状況が落ち着いたことから、石川、富山両県は今月上旬からそれぞれの県民を対象に宿泊や日帰り旅行の割引キャンペーンを再開した。国の旅行需要喚起策「GoToトラベル」は再開のめどが立っていないが、全国知事会は旅行割引の対象を近隣県まで拡大するよう要望している。こうした状況を受け、谷本知事は「即座に対応できるよう準備をした方がいい」と提案、新田知事も「地域観光はコロナ後も旅行事業の大きな…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集