富士山火焔太鼓の会 響き、人々の心一つに 8歳から70代の40人、16日に35周年コンサート /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小学生メンバーに負けまいとけいこに励むメンバー=山梨県富士吉田市で2021年10月8日、小田切敏雄撮影
小学生メンバーに負けまいとけいこに励むメンバー=山梨県富士吉田市で2021年10月8日、小田切敏雄撮影

 富士吉田市民でつくる「富士山火焔(かえん)太鼓の会」(宮下英司会長)のメンバーが16日に富士吉田市緑ケ丘2の「ふじさんホール」で開く35周年記念コンサートに向けて練習に励んでいる。新しい芸能を創造し伝承を図ろうと1985年2月に発足。コロナ禍で1年延期となったが、小学生から70歳代までの異なる年代と職業の約40人の市民が、35年を超える伝承の成果を発表する。【小田切敏雄】

 「一心響応(いっしんきょうおう)」と名付けたコンサート。和太鼓の響きが人々の心に応じ、すべての人々が一つになる――との思いを込めた。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文829文字)

あわせて読みたい

注目の特集