AI利用し、失敗しない家庭菜園 滋賀大×プランティオ、共同開発 未来の食への関心高めたい /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
専用アプリを使うと、野菜の育ち具合を常時観察できる=大津市平津2の滋賀大教育学部で2021年10月4日午後4時2分、伊藤信司撮影
専用アプリを使うと、野菜の育ち具合を常時観察できる=大津市平津2の滋賀大教育学部で2021年10月4日午後4時2分、伊藤信司撮影

 ビッグデータやAI(人工知能)を利用し「失敗しない家庭菜園」を目指す共同研究に、滋賀大(本部・彦根市)とプランティオ(本社・東京都渋谷区)が取り組んでいる。ビルの屋上やベランダ、学校農園などで確実に収穫をしてもらい、将来的には野菜の自給自足も進めようという壮大なプロジェクトだ。

 2020年度グッドデザイン賞に選ばれた同社のセンサーを活用する。クラウドファンディングに応じた約160人にセンサーを配布し、各地で試験的な栽培が始まっている。

 同社の技術は、(1)菜園に差したセンサーが土壌水分量や温度、照度、外気温、外湿度を測定(2)無線LANでクラウド上にデータを蓄積(3)AIが分析し、水やりや間引きなどのタイミングをスマートフォンなどに通知する仕組み。21年7月から滋賀大の准教授2人が参加し、システムに磨きをかけることになった。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文988文字)

あわせて読みたい

ニュース特集