3100万円脱税疑い 不動産会社告発 大阪国税局 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 架空の仕入れ費を計上するなどして、2018年8月までの3年間で約3100万円を脱税したとして、大阪国税局が大阪市鶴見区の不動産売買業「成夢都市開発」と田中一義元社長(36)を法人税法違反などの疑いで大阪地検に告発していたことが関係者への取材で分かった。

 関係者によると、同社は府内で建売住宅の販売な…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

あわせて読みたい

注目の特集