プロ野球 西武・辻監督が続投へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西武の辻発彦監督=大西岳彦撮影
西武の辻発彦監督=大西岳彦撮影

 プロ野球・西武の辻発彦監督(62)が来季も指揮を執る見通しであることが13日、関係者の話で明らかになった。チームは今季2年連続でリーグ優勝を逃し、下位に沈んでいるが、球団は昨季まで4年連続Aクラス(3位以上)入りし、2回優勝した辻監督の実績を評価して続投を要請。辻監督も受諾したとみられる。

 西武OBの辻監督は今季が5年目。山川、外崎らを見いだし、リーグ屈指の強力打線を形成して2018年にはチームを10年ぶりのリーグ優勝に導き、19年に連覇した。

 20年は3位に終わり、クライマックスシリーズ(CS)出場も逃した。今季は序盤から山川ら主力にけが人が相次ぎ、シーズン中盤に優勝争いから脱落。5年ぶりにシーズン負け越しが決まり、42年ぶりの最下位の可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集