特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

14日午後に衆院解散へ 岸田首相「大変厳粛な気持ち」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
解散を控える衆院本会議場=首相官邸で2021年10月14日午前10時17分、西夏生撮影 拡大
解散を控える衆院本会議場=首相官邸で2021年10月14日午前10時17分、西夏生撮影

 衆院は14日午後の本会議で解散され、衆院選が19日公示、31日投開票の日程で実施される。2017年9月28日の安倍晋三首相(当時)による衆院解散以来、約4年ぶりで、投開票日が衆院議員任期満了日(10月21日)を越えるのは現憲法下で初。今月4日に就任した岸田文雄首相は、自身の経済政策「新しい資本主義」や新型コロナウイルス対策などに関し、早期に国民に信を問う必要があると判断し、月内の衆院選に踏み切る。

 岸田首相は14日朝、首相官邸で記者団に「大変厳粛な気持ちで今日を迎えた。この選挙を通じてしっかりと我々が何を目指しているのか訴えたい」と述べた。

 一方、立憲民主党の枝野幸男代表は14日午前、野党が求めてきた衆参予算委員会が開催されない見通しに関して「(政府・与党が)逃げた形の解散になったことは、日本の民主主義のために甚だ残念だ」と批判。「コロナ対策とアベノミクスを変え、まっとうな政治へ、表紙だけでなく政治そのものを変えなければならない」と記者団に対決姿勢を強調した。

 政府は、第205臨時国会の閉会日にあたる14日午前に臨時閣議を開き、憲法7条(天皇の国事行為)に基づく解散詔書を閣議決定した。閣議決定書には全閣僚が署名した。

衆議院解散を前に取材に応じる岸田文雄首相=首相官邸で2021年10月14日午前7時32分、西夏生撮影 拡大
衆議院解散を前に取材に応じる岸田文雄首相=首相官邸で2021年10月14日午前7時32分、西夏生撮影

 同日午後の衆院本会議で大島理森議長が解散詔書を読み上げ、衆院は解散される。政府はその後の臨時閣議で衆院選日程を決定。解散により、野党要求の予算委員会などの開催は見送られる。解散から衆院選の投開票までは17日間と戦後最短で、各党は小選挙区289、比例代表176の計465議席を争う。

 昨秋に発足した菅義偉前内閣は支持率が低迷し、春の衆参3選挙、横浜市長選などの大型選挙で連敗して退陣した。毎日新聞の全国世論調査では、菅政権で一時26%まで落ち込んだ内閣支持率は、岸田首相の就任後に49%まで回復。ただし内閣発足時としては過去20年で麻生太郎内閣(08年9月、調査方法は異なる)の45%に次ぐ低さで、首相交代直後の衆院選が与党に追い風となるかは不透明感もある。

 岸田首相は4日の記者会見で、衆院選の投開票を10月中とする理由について、21日の議員任期満了を踏まえて「速やかな総選挙で国民から信任をいただく必要がある」と説明。「大型で思い切ったコロナ対策、経済対策を実現するために、この岸田にお任せいただけるのか、ご判断いただきたい」としていた。

 首相は選挙戦で、分配と成長の好循環により、コロナ後の新しい社会を構築する「新しい資本主義」の是非を問う構えだ。これに対し野党は「アベノミクスの焼き直し」(立憲・福山哲郎幹事長)、「アベノミクスの三番煎じ」(共産党・志位和夫委員長)などと批判。岸田政権を「安倍・菅政治の継続」と位置づけ、政権交代を訴える。

 立憲や共産、日本維新の会、国民民主、社民の野党各党は消費減税も主張するが、首相は税率の見直しには否定的な考えで、争点の一つとなる可能性もある。【高橋恵子】

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集