特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「今回の選挙は未来選択選挙」 岸田首相会見要旨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院の解散後、記者会見をする岸田文雄首相=首相官邸で2021年10月14日午後7時5分、竹内幹撮影 拡大
衆院の解散後、記者会見をする岸田文雄首相=首相官邸で2021年10月14日午後7時5分、竹内幹撮影

 衆院が14日解散され、19日公示、31日投開票へ向けて事実上の選挙戦が始まった。

   ◇

 岸田文雄首相の14日の記者会見要旨は次の通り。

 新型コロナウイルス対応の全体像と骨格をあす発表する。夏の2倍程度の感染力にも対応可能な医療体制をつくる。3回目のワクチン接種を12月に開始し、経口治療薬について年内実用化を目指す。

 雇用調整助成金の特例を来年3月まで延長する。政府備蓄米を子ども食堂に無償提供する。GoToトラベルなどの消費喚起策はワクチン接種証明と陰性証明を活用して、より安全安心を確保した制度に見直した上で再開に向けた準備を整える。

 岸田政権は、成長も分配も実現を目指す。野党の言うように、分配を言うだけでは成長ができなくなり、分配するパイもなくなってしまう。

 新しい資本主義実現会議を創設する。私が議長となり、各界から第一人者に参画いただき、新しい資本主義のグランドデザインを描いていただく。明日、具体的なメンバー、検討体制、検討項目を決定する。

 デジタル改革、規制改革、行政改革を一体的に進めていくことが重要で、デジタル臨時行政調査会を立ち上げる。

 給与を引き上げた企業を税制で支援し、控除額の上限についても大胆に引き上げる。産業界には私が先頭に立って給与の引き上げをお願いする。

 看護介護保育などの現場で働いている方の収入を引き上げていく。私が議論をリードし、年末までに具体的な結論を出す。

 この総選挙で国民の皆さんの信任をいただければ、数十兆円規模の総合的かつ大胆な経済対策を最優先でお届けする。今回の選挙は未来選択選挙だ。(衆院選の勝敗ラインは)与党で過半数を確保することだ。

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集