特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

自民との対立回避 全トヨタ労連支援、愛知11区の古本氏不出馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で衆院選への不出馬を表明した古本伸一郎前衆院議員=愛知県豊田市で2021年10月14日午後6時5分、酒井志帆撮影
記者会見で衆院選への不出馬を表明した古本伸一郎前衆院議員=愛知県豊田市で2021年10月14日午後6時5分、酒井志帆撮影

 トヨタ自動車グループの労働組合でつくる「全トヨタ労連」が支援する古本伸一郎前衆院議員(56)=愛知11区=は14日、愛知県豊田市で記者会見し、衆院選への立候補を見送ると表明した。古本氏は「組織内候補が出なければ(超党派連携の)可能性は開ける」と説明。与党との連携を模索する労連の方針に従い、同選挙区で競合する自民党との対立を回避した。

 全トヨタ労連は組合員約35万1000人。9月の定期大会で、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)への積極的対応などの運動方針を決め、従来の国民民主、立憲民主両党との関係にこだわらず、超党派で連携を進める姿勢を明確にしていた。記者会見に同席した西野勝義・トヨタ労組委員長は「11区では対立を前提とする組織内議員は出さない。何党よりも、何をしていただけるのかを重視して是々非々で連携を模索した…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文664文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集