日本製鉄がトヨタと中国の宝山を提訴 電磁鋼板「特許侵害」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 日本製鉄は14日、同社が持つ電磁鋼板に関する特許を侵害されたとして、トヨタ自動車と中国鉄鋼大手の宝山鋼鉄を同日付で東京地裁に提訴したと発表した。両社にそれぞれ約200億円の損害賠償を求めている。特許侵害の疑いがある電磁鋼板を使ったトヨタの電動車について、日本国内での製造と販売を差し止める仮処分も申請した。

 日鉄が特許権侵害で自動車メーカーを訴えるのは初めて。「無方向性電磁鋼板」と呼ばれる高機能製品に関する特許侵害があったと主張している。取引関係が深い業界トップの企業同士が、訴訟に陥るのは極めて異例だ。トヨタは同日、特許への抵触がないことを宝山側に確認しているとして「大切な取引先が、訴訟を決断されたことは大変残念だ」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文749文字)

あわせて読みたい

注目の特集