特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

H2O社長がオーケーけん制 関西スーパーとは「業態が違う」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西スーパーマーケットとの経営統合案について語るH2Oリテイリングの荒木直也社長=大阪市北区で2021年10月13日、木葉健二撮影
関西スーパーマーケットとの経営統合案について語るH2Oリテイリングの荒木直也社長=大阪市北区で2021年10月13日、木葉健二撮影

 関西地盤の関西スーパーマーケットを巡り、首都圏でディスカウントスーパーを展開するオーケー(横浜市)との争奪戦になっている百貨店大手、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの荒木直也社長(64)が毎日新聞の取材に応じた。「価格訴求ではなく、地域密着型スーパーの連合体をつくることで(関西スーパーも)企業価値が上がり、株主にも中長期的に利益を提供できる」と自社の経営統合案の優位性を強調し、オーケーをけん制した。

 関西スーパーは29日に開く臨時株主総会に、H2Oとの経営統合案を諮り、出席株主の3分の2の賛同を得られれば可決される。オーケーは、経営統合で関西スーパーと合流するH2O傘下の食品スーパー「イズミヤ」と「阪急オアシス」で赤字が続いていると指摘。関西スーパーの株主に対し統合案に反対するよう求めるなど攻勢を強めている。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文636文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集