G7、中銀のデジタル通貨で共通原則 先行する中国けん制狙い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
G7の中央銀行デジタル通貨を巡る共通原則のポイント
G7の中央銀行デジタル通貨を巡る共通原則のポイント

 主要7カ国(G7)は13日、米ワシントンで開いた財務相・中央銀行総裁会議で、中銀が発行するデジタル通貨(CBDC)について、G7や各国が導入時に留意すべき共通原則をまとめた。プライバシーの保護やマネーロンダリング(資金洗浄)対策など13項目の原則を示した。G7が一致して独自のルールを打ち出すことで、CBDC開発で先行する中国をけん制する狙いがあるとみられる。

 CBDCは、日銀など国の中銀が電子データで発行する法定通貨。スマートフォンなどを通じて利用する点では民間の電子マネーと似ているが、国の正式な通貨として扱われるため利用範囲がより広くなると期待されている。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文791文字)

あわせて読みたい

注目の特集