愛媛・新居浜3人刺殺、妻が近隣にトラブル相談 襲撃は数分間か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
親子3人が倒れていた現場付近を調べる捜査員ら=愛媛県新居浜市で2021年10月14日午前11時6分、本社ヘリから 拡大
親子3人が倒れていた現場付近を調べる捜査員ら=愛媛県新居浜市で2021年10月14日午前11時6分、本社ヘリから

 愛媛県新居浜市の民家で高齢夫婦と息子が刺されて死亡した事件で、ナイフを所持したとして銃刀法違反容疑で逮捕された河野智容疑者(53)が数分間のうちに3人を襲ったとみられることが捜査関係者への取材で判明した。近隣住民らによると、妻は以前から知人にトラブルの相談をしていたといい、県警が詳しい経緯を調べている。

 亡くなったのは住人の岩田友義さん(80)と妻アイ子さん(80)、息子の健一さん(51)。捜査関係者によると、13日午後5時38分ごろ、「男が押しかけてもめている」とアイ子さんが110番した。

 警察官が駆け付けたところ、アイ子さんと健一さんは屋内で、友義さんは玄関先で倒れていた。県警は同46分ごろ、ナイフを所持していた河野容疑者を現行犯逮捕。県警は数分間のうちに、3人が襲われたとみている。

 河野容疑者は逮捕された際、抵抗する様子もなく、「殺すつもりでナイフを持っていた」と供述。右腕に幅約2センチの切り傷があった。以前、健一さんと同じ職場に勤務しており、一家3人と面識があったという。

 近くに住む70代の女性によると、知人がアイ子さんからトラブルについて相談を受けており、数日前には警察にも来てもらったとの話を聞いたという。

 インターネットの掲示板には2019年5月と同年9月、河野容疑者の名前で健一さんを中傷するような内容の書き込みがあった。県警は事件の背景に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 事件から一夜明けた14日、規制線が張られた現場周辺には捜査員が出入りした。近くに住む女性(70)は「アイ子さんはきちょうめんで家をきれいに掃除していた。友義さんは見かけると『こんにちは』と声をかけてくれる穏やかな人だった。今まで身近でこんな事件がなくとても怖い」と話した。【斉藤朋恵、山中宏之、遠藤龍】

     ◇

 県警は当初、亡くなった妻の名前を「愛子」と説明していたが「アイ子」に訂正した。

あわせて読みたい

注目の特集