鬼滅の刃「禰豆子」の偽フィギュア販売容疑 59歳を書類送検

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
押収された偽のフィギュア=三重県警の紀宝署提供 拡大
押収された偽のフィギュア=三重県警の紀宝署提供

 三重県警紀宝署は13日、人気アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクターの偽のフィギュアをインターネットオークションで販売したなどとして、川崎市川崎区、土建業の男(59)を著作権法違反と商標法違反(販売目的所持)の容疑で書類送検した。同署によると、男は偽物と知りながらフィギュアを販売していたといい、容疑を認めている。

 書類送検容疑は2020年12月、著作権者の承諾を得ずに、「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「竃門禰豆子(かまどねずこ)」の約15センチの姿態を複製したフィギュア1体を、インターネットオークションを通じて紀宝町在住の男性に約5300円で販売。さらに21年6月、商標登録されている「鬼滅の刃」に類似したロゴが印刷された保冷バッグ1個を、販売目的で所持していた、とされる。【寺原多恵子】

あわせて読みたい

注目の特集