海自最新鋭潜水艦、命名「はくげい」 川重神戸工場で進水式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で14日、海上自衛隊の最新鋭潜水艦の進水式があった。潜水艦は「はくげい」(白鯨)と名付けられ、艦内の整備や各種試験を経て2023年3月に任務に就く。戦後、同工場で建造された潜水艦は30隻目という。

 はくげいは、たいげい型潜水艦の2隻目。建造費は約720億円で全長8…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

あわせて読みたい

ニュース特集