オリックス連敗、ロッテにマジック点灯許す 中嶋監督「誰でも重圧」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ロッテ】力投するオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2021年10月14日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ロッテ】力投するオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2021年10月14日、藤井達也撮影

○ロッテ6―1オリックス●(14日・京セラ)

 オリックスはロッテに連敗し、マジック点灯を許した。先発の宮城が5回5失点と打ち込まれ、打線もつながらなかった。試合後の中嶋聡監督の主なコメントは次の通り。

 オリックス・中嶋監督 (宮城は)仕方がない。どの投手でも重圧は今、誰にでもかかる。

 (重圧のかからない打者は)いない。自分たちが今までやってきたことが全て変わっているとは思わないが、できていない。一打席でも一球でも早く、自分たちの野球を思い出さないといけない。

オリックスの中嶋聡監督=京セラドーム大阪で2021年6月10日午後2時46分、石川裕士撮影 拡大
オリックスの中嶋聡監督=京セラドーム大阪で2021年6月10日午後2時46分、石川裕士撮影

 投手は難しく考えすぎているのかな。球種やコースをあまりにも深く考えすぎている。シンプルに自分の球を。何を投げるかよりもどこに投げるかの方が大事になってくる時がある。そこを考えてほしい。

 一つ一つやっていったら、また流れも来ると思う。

あわせて読みたい

注目の特集