板山「不屈の精神」でタイムリー 矢野監督「気持ちが熱くなる」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年5月、2軍戦に出場した阪神の板山=大阪市で、安田光高撮影
今年5月、2軍戦に出場した阪神の板山=大阪市で、安田光高撮影

〇阪神3―0巨人●(14日・東京)

 阪神が2連勝。九回2死一、二塁から板山の適時二塁打と木浪の2点二塁打で3点を奪った。

 0―0の九回2死一、二塁。打席には代走から出場した阪神・板山が向かった。代打の切り札・原口もいたが、矢野監督は「直感じゃないけど、板山にこの打席を任せて良いんじゃないか」と送り出した。

 マウンドは巨人の抑え・ビエイラ。板山は「捨て身。食らいつくことしか考えてなかった」と、3球目のスライダーにやや崩されながらも引っ張ると、打球は右翼フェンス上部に直撃。土壇場で均衡を崩す適時打に。「大事なところで打てて良かった」と喜びをかみしめた。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集