連載

丹下日出夫のズバッと!

井崎脩五郎さんの弟子である競馬評論家・丹下日出夫さんによる予想。

連載一覧

丹下日出夫のズバッと!

阪神11R・秋華賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

坂路で自己ベスト更新 ソダシ2冠有望

 ソダシの2冠制覇が有望だ。祖母のシラユキヒメは突然変異の白毛馬。キングカメハメハ、クロフネを配合しても白毛因子は遺伝した。何かと話題も多いが、デビューから4連勝で阪神ジュベナイルFを制して昨年の2歳牝馬女王に輝き、今年は初戦の桜花賞をレコード勝ち、前走の札幌記念では並み居る古馬のGⅠ馬を撃破した。単なるイロモノのアイドルではなく、日本競馬史上屈指の強豪牝馬に育とうとしている。この中間は栗東のウッドチップコースでスタミナを強化し、坂路では4ハロン50秒2という自己最高タイムも計測。直前は息を整える程度の完璧な仕上がりにもってきた。

 対抗はファインルージュ。桜花賞で0秒1差3着に好走したが、オークスでは11着に沈んでしまった。しかし前哨戦の紫苑Sは抜群の瞬発力で楽勝。コーナー四つの2000メートル戦の予行演習を完遂した。鞍上(あんじょう)はルメール騎手。1月のフェアリーSの外一気の感触と才能を先週の追い切りで再確認している。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文761文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集