パラアートTOKYO 国内外210人の障害者、力作の絵や書作品展示 東京芸術劇場 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「2021パラアートTOKYO 第8回国際交流展」(公益財団法人・日本チャリティ協会主催)が、豊島区西池袋の東京芸術劇場で開催されている。日本はじめ世界各地でアーティストなどとして活躍する障害者の絵画や書道作品を通して交流を図る企画で、今回展のテーマは「アートは障害を超え、国境を越える」。入場無料で、17日まで。

 会場には日本の140人と中国、韓国、スリランカ、バングラデシュ、イラン、イタリアなど30カ国70人の力作が展示されている。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文614文字)

あわせて読みたい

注目の特集