連載

2021衆院選

毎日新聞デジタルの「2021衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

2021衆院選

衆院解散、総選挙 31日投開票、戦後最短 19日公示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆議院が解散され万歳する議員たち=国会内で2021年10月14日午後1時3分、吉田航太撮影
衆議院が解散され万歳する議員たち=国会内で2021年10月14日午後1時3分、吉田航太撮影

 衆院は14日の本会議で解散され、政府は臨時閣議で衆院選を「19日公示、31日投開票」とする日程を正式決定した。解散から投開票までの期間は17日間で、戦後最短。岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」の評価や、新型コロナウイルス対策が主な争点となる。立憲民主党など野党5党は共闘体制を組んで「政権交代」を目指す。

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1439文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集