特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「自分は間違う」を根本に置くのが「保守」 引退の伊吹文明氏に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊吹文明・衆院議員=東京都千代田区で2021年9月28日、宮本明登撮影
伊吹文明・衆院議員=東京都千代田区で2021年9月28日、宮本明登撮影

 今回の衆院選に出馬せず、引退した前衆院議員に聞いた。

伊吹文明元衆院議長(83)=自民

 「保守」は極めて謙虚な思想であって「自分は間違う」ということを根本に置いている。政治の場では独裁ではなく、民主主義を選ぶ。経済の場では統制経済のように一部の人に任せるのではなく、大勢の人が参加する自由主義市場経済を選ぶ。

 しかしこれらを満たすだけで保守というわけではない。もう一つ大切なことがある。今に生きている多数もまた間違うからだ。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文634文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集