特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「2大政党制で丁々発止の論戦を」 引退の赤松広隆氏に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤松広隆・衆院副議長=国会内で2021年8月31日、宮本明登撮影
赤松広隆・衆院副議長=国会内で2021年8月31日、宮本明登撮影

 今回の衆院選に出馬せず、引退した前衆院議員に聞いた。

赤松広隆前衆院副議長(73)=立憲

 私も大島理森前衆院議長も国会の権威を高めることに特に意を用いてきた。最後は多数決で決めるとしても、熟議を大切にしてきた。

 特に安倍政権は長く続いたため、数さえあれば許されると考える傾向があった。だからこそ大島前議長も2018年7月に、政府による公文書の改ざんなどについて「民主主…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集