特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

地位協定の全面改正なしに沖縄県民守れぬ 引退の照屋寛徳氏に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える照屋寛徳衆院議員=東京都千代田区で2021年10月3日、小川昌宏撮影
インタビューに答える照屋寛徳衆院議員=東京都千代田区で2021年10月3日、小川昌宏撮影

 今回の衆院選に出馬せず、引退した前衆院議員に聞いた。

照屋寛徳・社民党元国対委員長(76)

 国会議員としての闘いに後悔はないが、悔しさが残る。一番は、日米地位協定だ。これが、沖縄差別の根幹だ。全面改正を訴えてきたが、実現しなかった。全面改正なしに、米軍人の犯罪から、県民の基本的人権や生命・身体の安全…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集