特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「戦うモード」立憲前職、交差点に2時間 自民前職は支持層固め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院解散から一夜明け、交通量の多い交差点に立ち支持を訴える立候補予定者=福岡市南区で2021年10月15日午前7時2分、平川義之撮影
衆院解散から一夜明け、交通量の多い交差点に立ち支持を訴える立候補予定者=福岡市南区で2021年10月15日午前7時2分、平川義之撮影

 「衆議院が解散されました。来週火曜日からいよいよ選挙が始まります」。激戦が予想される福岡2区の立憲前職、稲富修二氏(51)は15日朝、福岡市内の国道沿いの交差点で約2時間立ち、事実上の選挙戦をスタートさせた。「気持ちは一気に戦うモードです」。政策チラシをスーツ姿の男性らに配り終えると、商店街や企業…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集