「新しい資本主義会議」政府が設置 若手起用、財界重鎮も顔そろえ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから
首相官邸=本社ヘリから

 政府は15日、岸田文雄首相が掲げる「成長と分配の好循環」の具体策を話し合う「新しい資本主義実現会議」(議長・岸田首相)を設置した。民間の有識者として若手のベンチャー企業家らを起用。15人のうち7人を女性とするなど目新しさを打ち出した。ただ、財界の重鎮らが顔をそろえるなど、従来の政府の会議を衣替えした感も否めない。

 会議は、政府が同日付で設置した「新しい資本主義実現本部」(本部長・岸田首相)の下に置かれる。山際大志郎経済再生担当相と松野博一官房長官が副議長を務める。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文924文字)

あわせて読みたい

注目の特集