ドコモ障害、復旧発表で通信量急増「反省」 副社長一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大規模な通信障害が発生したことに対し、オンラインでの記者会見で陳謝するNTTドコモの田村穂積副社長(中央)ら=15日午後
大規模な通信障害が発生したことに対し、オンラインでの記者会見で陳謝するNTTドコモの田村穂積副社長(中央)ら=15日午後

 携帯電話の大規模な通信障害を受け、NTTドコモの田村穂積副社長が記者会見した。一問一答は次の通り。

NTTドコモ・田村穂積副社長

 「多くの方にご迷惑、ご心配をおかけしていることをおわび申し上げる。問題となったサーバーの移行作業の手順などを見直す再発防止策を10月下旬までに完了する」

 ――ドコモの契約数は8000万人に上る。通信障害が影響した範囲は。

 「全てで影響が出ているわけではない。特定の時間帯に場所を移動し、ドコモの設備側で位置情報を更新する必要があった200万人のユーザーに影響が出た」

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集