レバノン首都で銃撃戦、6人死亡 旧内戦の最前線、緊張高まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
銃撃戦によるけが人を救助するヒズボラ支持者ら=レバノンの首都ベイルート南部で2021年10月14日、AP
銃撃戦によるけが人を救助するヒズボラ支持者ら=レバノンの首都ベイルート南部で2021年10月14日、AP

 レバノンの首都ベイルートで14日、昨年8月の爆発事故を巡る抗議活動に向かっていたイスラム教シーア派組織ヒズボラ支持者らが激しい銃撃を受け、銃撃戦に発展した。ロイター通信によると、少なくとも6人が死亡した。ヒズボラはキリスト教系民兵に狙撃されたと主張し、民兵側は関与を否定した。レバノンは政情不安が続いており、緊張が高まっている。

 銃撃戦は1975~90年のレバノン内戦の最前線だったシーア派住民地区とキリスト教住民地区の境界で発生した。ヒズボラ支持者らは爆発事故の捜査を担当する判事の解任を求め、…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集