パリ同時多発テロ、残る謎は解かれるか 実行犯唯一の生存者、法廷に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2015年11月に発生し、130人が犠牲となったパリ同時多発テロの裁判がパリの裁判所で始まり、実行犯10人のうち唯一の生存者で、テロ殺人罪などに問われたサラ・アブデスラム被告(32)が出廷している。パリの空港などで被害がさらに拡大していた可能性や、犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)と犯行グループの指揮命令系統など、事件が残した多くの謎の解明につながるか注目されている。

 裁判の大きな焦点となるのが、事件でのアブデスラム被告の役割だ。アブデスラム被告は、ISのメンバーで首謀者のアブデルハミド・アバウド容疑者(事件発生5日後、パリ北郊で、仏治安部隊の急襲作戦で死亡)の参謀役だったとみられるが、グループの指揮命令系統は解明されていない。

 テロ当日、実行犯は三つのグループに分かれて…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1654文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集