裁判員「18歳以上」、いつの間に 少年法改正と連動、議論なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
裁判員に選ばれる年齢の引き下げをQ&A形式で紹介する最高裁のホームページ=2021年10月8日に画像取り込み
裁判員に選ばれる年齢の引き下げをQ&A形式で紹介する最高裁のホームページ=2021年10月8日に画像取り込み

 「Q 裁判員に選ばれる年齢が、20歳以上から18歳以上になると聞きましたが、本当ですか」「A 本当です」。最高裁のホームページに7月、こんなQ&Aが掲載された。現在、裁判員に選ばれる人は「20歳以上」。年齢の引き下げに、弁護士の間でも「議論がないまま重大な法改正が行われた」と驚きの声が上がる。引き下げはいつの間に、どうして決まったのか。

 「市民が参加して支える制度なのに社会に周知されていない。これは問題です」。10月4日、市民団体「裁判員ネット」代表の大城聡弁護士ら2人が記者会見し、問題提起した。

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1850文字)

あわせて読みたい

ニュース特集