父の国策映画、足跡追う 伊勢真一監督「いまはむかし」 30日から伊勢 親子2代作品上映も /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「いまはむかし」のポスター=いせフィルム提供
「いまはむかし」のポスター=いせフィルム提供

 ドキュメンタリー映画監督の伊勢真一さん(72)が、国策映画の製作にかかわった亡父、長之助さん(1912~73年)の足跡を追った映画「いまはむかし 父・ジャワ・幻のフィルム」が30日から、伊勢市曽祢のミニシアター、伊勢進富座で上映される。初日は伊勢監督のトークライブほか、長之助さんが撮影や演出を担当した「東京裁判」「お伊勢まいり」も上映され、親子2代の監督作品を一挙に楽しめる。【尾崎稔裕】

 伊勢監督は東京都町田市出身で、「えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋」が2019年毎日映画コンクールのドキュメンタリー賞を受賞した。長之助さんも、構成編集者を務めた「カラコルム」(56年製作)と「南極大陸」(57年製作)が、毎日映画コンクールの教育文化映画賞を2年連続で受賞している。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文856文字)

あわせて読みたい

注目の特集