佐賀市長選/佐賀市議選 あす投開票 市長選、6人懸命に舌戦展開 市議選44人も混戦 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う佐賀市長選は17日、投開票される。市長選の立候補者はいずれも無所属の新人で、医師の細川博司氏(61)▽元副市長の馬場範雪氏(60)▽弁護士の堤雄史氏(36)▽西九州大教授の田中豊治氏(73)▽元市地域振興部長の古賀臣介氏(58)▽元国交省職員の坂井英隆氏(41)=自民推薦――の6人。新型コロナウイルス対策や災害対応を争点に舌戦を繰り広げている。また17日投開票される市議選(定数36)も44人が立候補し、混戦となっている。【高橋広之】

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1382文字)

あわせて読みたい

注目の特集