特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲、比例単独で26人 候補計240人に 過半数の擁立達成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=東京都新宿区で2021年10月16日午後4時49分、吉田航太撮影
街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=東京都新宿区で2021年10月16日午後4時49分、吉田航太撮影

 立憲民主党は16日、衆院選の第2次公認として比例単独候補26人を発表した。1次公認と合わせ、候補者は240人となった。目標に掲げた立憲単独での衆院定数465の過半数擁立を達成。擁立作業を終えたとした。

 2次公認では、共産党への一本化のため福島5区での出馬を取りやめた新人、鳥居作弥氏を比例東北で処遇。岩手1区の公認を巡り、前職と対立する岩手県連が公認を求めていた新人、佐野利恵氏も比例東北に回した。小泉純一郎元首相の秘書官から…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集