NY原油続伸、82ドル台 7年ぶりの高値 需給逼迫を警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 15日のニューヨーク原油先物市場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが、前日比0.97ドル高の1バレル=82.28ドルと、2014年10月以来、約7年ぶりの高値となった。冬場を控えてエネルギー需要の増加が見込まれる一方、主要産油国の増産ペースが緩やかなことから、需給逼迫への警戒感が…

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文219文字)

あわせて読みたい

注目の特集