「いくら金出しても買えない」 中国で出会った北朝鮮出身者の証言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瓦屋根が広がる住宅街を行き来する北朝鮮北部・新義州の住民=対岸の中国・丹東で2021年9月、米村耕一撮影
瓦屋根が広がる住宅街を行き来する北朝鮮北部・新義州の住民=対岸の中国・丹東で2021年9月、米村耕一撮影

 長距離巡航ミサイルに、変則軌道で飛行する弾道ミサイル、さらには極超音速ミサイル――。9月に入って立て続けに発射実験を繰り返すなど、着実に軍備を増強している北朝鮮。新型コロナウイルス対策のための厳重な国境封鎖が続く中、庶民の暮らしはどう変わったのか。最近、北朝鮮から中国入りした中朝貿易関係者らに尋ねて回った。

 「以前は米ドルで100ドル(約1万1000円)あれば家族3~4人が1カ月暮らせたが、今は300ドル、400ドル必要だ。理解できないのは輸入品でなくても値段が上がることだ。いくら金を出しても買えないものも多い」。今夏、中国入りした男性がこぼした。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集