特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン、モスク爆発で47人死亡 ISが犯行声明とロイター報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自爆テロのあったモスク内を調べる人たち=アフガニスタン南部カンダハルで2021年10月15日、AP
自爆テロのあったモスク内を調べる人たち=アフガニスタン南部カンダハルで2021年10月15日、AP

 アフガニスタン南部のカンダハルにあるイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)で15日に起きた爆発で、AP通信によると、死者は少なくとも47人、負傷者は70人になった。暫定政権を発足させたイスラム主義組織タリバンと対立するスンニ派の過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したとロイター通信が報じた。

 爆発は多数の信者が金曜日の集団礼拝に参加しているところを狙ったとみられる。AP通信は目撃者の話として、4人による自爆テロだったと報道。まず2人が検問所で爆発物を爆発させた後、別の2人がモスク内に突入して別の爆発を起こしたという。

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文392文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集