特集

第71期王将戦

王将戦挑戦者決定リーグは藤井竜王が挑戦権を獲得。次は5冠をかけ渡辺との七番勝負に挑む。 ※棋譜中継は「棋譜・対局結果」または「挑戦者決定リーグ戦」にて

特集一覧

初白星は背水の糸谷か、好調な近藤か 負けられない戦いの行方

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
近藤誠也七段
近藤誠也七段

 リーグ参加する棋士7人のうち、「順位5位」に位置する藤井聡太王位、糸谷哲郎八段、近藤誠也七段の3人は、3敗すると途端にタイトル挑戦の可能性がなくなる。どういうことか。

 3勝3敗で挑戦するためには、参加する7人全員が3勝3敗で並ぶ必要があるが、プレーオフは上位2人の規定。その場合の上位2人は、1、2位の棋士になり、5位の棋士は陥落となってしまうのだ。

 ここまで藤井は2勝0敗だが、今回対局する糸谷と近藤は、まだ白星に恵まれていない。

 糸谷は、藤井と豊島将之竜王に連敗。豊島に敗れた後のインタビューでは「下を見る戦いになりました。上を見るとは言えなくなってしまいました」と、残留争いに回ることを自虐的に語っていた。糸谷にとって今局は、結果次第では早くも挑戦権を失う結果につながる。

 一方の近藤は、初戦で羽生善治九段の見事な受けの前に攻めが頓挫し、黒星発進となった。5期ぶりにリーグ復帰の近藤としては、まだ上を目指す戦いに加わりたい。そのためにも負けられない対局を迎えた。【山村英樹】

第71期ALSOK杯王将戦リーグ6回…

この記事は有料記事です。

残り2957文字(全文3397文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集