特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

札幌、5カ月半ぶり時短解除 にぎわう歓楽街 急激な緩和に心配も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飲食店の時短営業が解除され、食事を楽しむ人たち=札幌市中央区で2021年10月15日、米山淳撮影
飲食店の時短営業が解除され、食事を楽しむ人たち=札幌市中央区で2021年10月15日、米山淳撮影

 新型コロナウイルス対策で札幌市内の飲食店に出されていた営業時間短縮要請が15日、解除された。同市内では4月27日以降、緊急事態宣言発令などにより営業時間や酒類提供が制限されていたが、約5カ月半ぶりの全面解除に週末の夜の街は多くの人でにぎわった。感染対策徹底と経済活動の両立が本格化した形だが、急激な緩和策に対しては心配する声も上がる。

 札幌市中央区の歓楽街・ススキノでは午後6時ごろから、人出が増え始めた。近くの商店街・狸小路の豚丼店「小豚家」も時短要請の解除に伴い、午後11時までの通常営業を再開し、常連客らが訪れた。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文786文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集